オスグッドの一般的な原因と治療法

オスグッドの原因と対策方法

一般的に知られているオスグッドの原因

痛み炎症がおこる場所

一般的には「オスグッド病」は

太ももの筋肉(大腿四頭筋)のオーバーユース(使い過ぎ症候群)

が原因だと言われています。

成長期を過ぎれば(男子18歳 女子16歳)脛骨粗面は硬い骨になるのですが、

成長期の子供は成長軟骨という柔らかい組織でできています。

太ももの筋肉(大腿四頭筋)が収縮または引っ張られると、膝蓋腱が牽引され

膝蓋腱の付着部のまだ軟骨で軟らかい「脛骨粗面」が引っ張られるために炎症がおこり痛みが出る。

また、成長期に多いためか、「成長痛」といわれることが多くあります。

「オスグッド病」は、治癒するまでに時間がかかる事が一般的です。

 

一般的なオスグッドの対策方法

膝下の飛び出した骨(脛骨粗面)に炎症があるときはRICE処置を施します。

RICRとは

R=Rest(安静):スポーツの停止

I=Ice(アイシング):患部の冷却

C=Compression(圧迫):患部の圧迫

E=Elevation(挙上):患部の挙上

の事で、スポーツで炎症がある時の基本的な処置方法のです。

 

スポーツを一時中止して患部に負担をかけない様にして1ヶ月ほど経過をみるように指示されます。

また、太ももの前(大腿四頭筋)のストレッチや下半身、体幹トレーニングが有効とされています。

スポーツ時に痛みが継続する場合は、オスグッド用のサポーターの装着が効果的といわれます。

 

しかし、残念ながら上記の方法ではオスグッドは良くならないのです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しゅはら鍼灸整骨院

大丈夫!私におまかせください

0771-25-8587

0771-25-8587
メールでのお問合せはコチラ
受付時間
8:00~12:00 16:00~19:30
定休日
土曜午後・木・日・祝休診 

〒621-0043京都府亀岡市千代川町小林西芝92-11 駐車場9台あり