ふくらはぎを意識すると、元気でキレイになれる!

2015-07-28 09.37.3914 (1)

皆さんこんにちは!

しゅはら鍼灸整骨院  辻 陽平です。

今回はふくらはぎを意識すると、元気でキレイになれる!をお伝えしていきます。

食欲の秋になり、食べ物が美味しい季節になりましたね。

魚も脂がのり一年を通して一番美味しくなる季節です。

美味しい魚を釣ろうと、最近よく海に釣りをしに家族や友人と一緒に出掛けるのですが、行く場所によっては足場が悪く、海に落ちないよう踏ん張るのですが、最近足腰が弱ったせいか踏ん張りがききにくくなった気がして、、、海には落ちなかったんですがショックを受けました。

これを機に「足腰が弱くなったなぁ、、、」とお悩みのあなたに、お役に立てる内容になっていますので最後まで読み進めてみてください。

ふくらはぎは「第二の心臓」

ふくらはぎの筋肉は、「立つ」「歩く」など体を動かしたり、姿勢を維持したりする役割のほかに、下半身の血液を心臓に戻すポンプの働きも担っています。

新鮮な血液を全身に送り出す心臓にたとえて、ふくらはぎは「第二の心臓」といわれています。

災害時によく耳にするエコノミークラス症候群は、狭い車の中などで足を長時間動かさない状態で過ごすことで、ふくらはぎのポンプとしての働きが十分に機能せず、血流が滞り起こる障害です。

しかし、ふくらはぎを上手く動かし、ポンプ機能を呼び覚ますことで体を良くすることもできます。

例えば、、、転倒予防や血行促進による冷えやむくみの改善、代謝が良くなる事で免疫力が上がり、病気にかかりにくくなり美脚効果も期待できます。

まずは普段の生活の中で、ふくらはぎを意識した動きを取り入れてみるところから始めてみてはてはいかがでしょうか?

ふくらはぎを呼び覚まし元気でキレイに!

まずは、デスクワークで座ってることが多いあなたには、踵の上げ下げ運動をご紹介します。

やり方:椅子に深く腰掛け、軽く背筋を立てます。

その状態のまま踵を持ち上げ、つま先立ち状態になります。

踵を下ろし、下ろしきったらつま先を持ち上げ、踵だけが床についた状態になる運動を交互に行います。

ちょっとした合間に、出来る分だけでいいのでやってみてください。

ポイントは一生懸命やらないことです!ゆるく、軽い気持ちでやってくださいね。

次は、家事、育児で座ってるより立っている方が多いあなたには、ながら運動をご紹介します。

やり方:歯磨きや食器を洗っているときなど、たってその場で用事をしている時に踵を床から少し浮かせるようにするだけです。

これだけでも十分トレーニング効果は得られるのでふくらはぎを呼び起こすことができます!

まずは無理せず継続できそうな事から始めてみるといいと思います。

いつまでも元気でキレイでいるために「第二の心臓」を呼び覚ましましょう!

辻 陽平(つじ ようへい)

京都府亀岡市の整体・整骨院「しゅはら鍼灸整骨院」副院長 柔道整復師

「よくなったらしたいこと」を実現するため日々施術にあたる一方で、1人でも多くの人を救いたいとの思いから、月に2回セミナーに参加し1人でも多くの方を救う為努力を重ねている現役の治療家

平成元年1月23日生 京都府亀岡市出身

血液型A型 巳年
詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しゅはら鍼灸整骨院

大丈夫!私におまかせください

0771-25-8587

0771-25-8587
お問い合わせはコチラ
営業時間
8:30~12:00 16:00~19:30
定休日
土曜午後・木・日・祝休診 

〒621-0043京都府亀岡市千代川町小林西芝92-11  駐車場9台あり