外反母趾(足親趾の痛み)

  • 足の親指の付け根が痛い
  • 歩いたり長時間立っていると痛い
  • 足の親指が変形している
  • 靴やヒールを履くと痛む
  • お気に入りの靴が履けなくてオシャレが出来ない

当院の案内&施術の流れ

写真は左右にスライドできます

1:当院の外観です

1:当院の外観です

亀岡市千代川町 マクドナルドに西側にあります。

2:駐車場

2:駐車場

当院の玄関側に1台、裏側に8台駐車できます。

3:玄関

3:玄関

足踏み式の消毒器がありますので、手指消毒をお願いします。

4:来院 受付

4:来院 受付

こちらで、検温をお願いします。

「こんにちは 本日はどんな症状でお困りですか?」

5:待合室

5:待合室

待合室には天然の水素水をご用意しています。

待合イスにて問診表をご記入していただきます。

6:施術室にてカウンセリング

6:施術室にてカウンセリング

お悩みや症状を詳しくお聞きして、現在の状況や原因を説明します。

間接照明で落ち着いた空間です。

7:検査

7:検査

身体のゆがみや関節の動きをチエックして現状を把握します。

8:施術

8:施術

やさしい施術で身体ゆがみを整え、血液・リンパの循環を改善していきます。

9:アドバイス・説明

9:アドバイス・説明

自宅での注意点やセルフケアをアドバイスいたします。

10:お会計

10:お会計

受付にてお会計をお願いします。受付カードをお渡しします。

LINEでお問い合わせはこちらから 24時間受付中

当院では万全のコロナ対策を行っています

新型コロナ感染予防 13項目を見る▶

2年前からの外反母趾が良くなりました

お客様写真
アンケート用紙

Q: いつごろから、どのような症状でお悩みでしたか?

2年前から外反母趾になり、膝も痛かった

Q:しゅはら整骨院の施術を受けての感想や良かった点を教えて下さい。

バイトで長時間の立ち仕事をする度に膝が痛くなり、歩く事が苦痛になっていました。

そして外反母趾もひどく、ヒールがある靴が履けずにスニーカーばかりを履く生活に・・・。

こらからどうしようと思っていた時にしゅはらさんのHPを見て行ってみようと思い通いました。

すると、この膝の痛みは外反母趾と足首からきていると教えて頂き、施術を受けていくうちに外反母趾の痛みや膝の痛みが軽減されました!!

毎回の施術は凄く短時間で負担なく通えるのに全身の歪みが矯正されていくのは本当にすごいです!!

※あなたと同じようなお悩みの方へ、アドバイスや応援メッセ-ジをお願いします。

膝が痛くて、歩く事が苦痛な方、外反母趾が痛くてヒールを諦めている方、是非、しゅはらさんに来てみてください!!

きっとその悩みが解決していきますよ!!

彩 様 21歳 女性 学生 亀岡市三宅町

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

走ると足の裏が痛いのが5回で良くなりました

お客様写真
アンケート用紙

Q: いつごろから、どのような症状でお悩みでしたか?

1カ月前くらいから、走ると足の裏が痛かった。

Q:しゅはら整骨院の施術を受けての感想や良かった点を教えて下さい。

痛いのは足なのに、なぜ全身を整体するんだろうと思っていました。

はじめの2、3回はまだ痛みがあったけど、5回目からほとんど痛みなく走れるようになりました。

※あなたと同じようなお悩みの方へ、アドバイスや応援メッセ-ジをお願いします。

もし、足の裏などに痛みがあったら、我慢せずにしゅはらさんに相談したほうが良いです!

まこと様 女性 中学生(陸上部短距離)南丹市園部町 

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

外反母趾とは

外反母趾とは、足の親ゆびが外側に16度以上曲がり変形している状態です。

足の親指の変形角度のきつい場合や、変形は軽度でも長期間に渡るものは早めの対処が必要です。

 

外反母趾になると足裏のアーチが崩れ、足の問題だけでなく膝や腰、肩首の上半身にも症状を引き起こす事があります。

また、外反母趾になると足の指をうまく使えなくなるため、心臓から最も遠い足やふくらはぎのリンパの返りが悪くなり全身の血液やリンパの流れが滞り冷え性や自律神経の不調を起こす場合もあります。

足の内側のラインから親指が内側に曲がっている角度が

16度以内ならば正常

16~25度で軽度

25~34度は中度

34度以上ならば重度の外反母趾です。

参考文献:日本整形外科学会監修 外反母趾診療ガイドライン

結果は参考までにご利用ください

外反母趾の種類

1:靭帯性の外反母趾

運動不足や合わない靴の影響で足指の付け根にある横アーチが、足裏の筋肉が衰えて足裏の刺激不足から緩んでしまい、親指が小指側に曲がってくる外反母趾のことをいいます。

2:化骨性の外反母趾

歩くたびに足指の付け根の骨を繰り返し地面に打ち付けるために、その衝撃から足を守ろうとして骨が出来てきます。

親指の変形は軽度だが、親指の付け根の骨が出っ張り、曲がっているように見える外反母趾のことをいいます。

3:1と2が合わさった混合性外反母趾

1の靭帯性の外反母趾がひどくなるとと2の化骨性の外反母趾も併発し混合性の外反母趾のことをいいます。

4:ハンマートウ性の外反母趾

遺伝的なものも含まれますが、生まれつき指が長く浮いてしまっている状態や、ハンマーの様に指が縮こまっていたり指が上を向いている状態で痛みが出る外反母趾のことをいいます。

5:病変性の外反母趾

ケガやリウマチ、足のヘバーデン結節などにより病気からおこる関節の異常変形で足の親指が曲がり痛みが起こる外反母趾のことをいいます。

外反母趾の一般的な原因

1.足の筋力低下

現代社会は便利になり歩く事が大変少なくなりました。また、デコボコした地面が無くなった為に足裏でバランスを調整する必要がないので足の筋肉が衰えてしまっている方が多いのです。

足の筋肉が衰えると足の縦と横のアーチが崩れて、足の親指の角度を保つ筋肉の力が低下して「偏平足」「開帳足」がおこりその結果として外反母趾になります。

女性は男性よりも筋力が弱いので外反母趾になりやすい傾向があります。特に40代以降の女性は筋力低下が起こりやすいので外反母趾になる可能性が増加します。

 

2.合わない靴による影響

ハイヒールなど踵の高いく靴は足が前に滑りやすくなり、つま先に負担がかかり足を圧迫するので親指が変形する原因となります。

しかし、ハイヒールなど踵の高いく靴を履かない小学生にも外反母趾があることから絶対の原因ではありませんが、外反母趾の症状を悪化させる要因にはなっています。

 

また、大きすぎる靴が、外反母趾を助長する事もあります。

スニーカーやサンダルであっても大きすぎる靴は靴の中で足が踏ん張れないので足の指を無理やり曲げて靴と足の間のずれを補おうと無意識にしてしまいハンマートウ性の外反母趾になりやいすのです。

特に成長期のお子さんはついつい大きめの靴を選んでしまいがちなので靴選びには注意が必要です。

魚の目・タコ・足底筋膜炎・偏平足の影響

外反母趾の原因として、外反母趾以外の魚の目・タコ・足底筋膜炎・偏平足などがあると無意識に痛みを避ける歩き方になり、歩き方が悪くなり外反母趾をおこしたり、外反母趾がひどくなるケースも多くあります。

  • 生活指導、経過観察
  • インソール作成
  • 痛み止め薬、湿布
  • 手術

整形外科等での代表的な治療法は、大きく分けて「保存療法」と「手術療法」の2つがあります。

保存療法

人の体を傷つけず治療していく方法です。

・靴、履き物の選び方日常注意するべき点などの指導

・足底板やインソールを作成し、崩れてしまった足のアーチをサポートし外反母趾の痛みを軽減します。

・痛み止め薬、湿布を使い一時的に痛みを抑える。

これらは外反母趾という症状からくる痛みを一時的に抑える対処的な方法です。

手術療法

「軟部組織矯正術」 「基節骨、中足骨骨切り術」 「関節固定術」などがあり、近年では日帰り手術もできますが、あくまでも最後の手段とお考え下さい。

手術療法を選ぶ時は、よほど変形がきつく本当に打つ手がなくもう手術しかないという時です。

  • マッサージ
  • 温熱療法
  • 電気治療
  • テーピング
  • サポーター、矯正装具

一般的な接骨院では、温めたり電気治療をした後、足の指や足裏のマッサージを施し柔軟性向上を図ります。

それでも痛みや状態が変わらければ、テーピングやサポーター、矯正装具を装着します。

上記ような施術方法で外反母趾が改善される場合もありますが、足だけの問題では無く全身のバランスの崩れや、足の筋力低下などが原因の場合は、それだけではなかなか良くならないのが現状です、、、。

しゅはら鍼灸整骨院の外反母趾の考え方

全身のバランス調整

外反母趾を改善するためには足の指だけを施術しても根本的な改善にいたらない事が多くあります。

それは、外反母趾が足の指だけでなく全身の重心や筋肉のつながりがあるからなんです。

足の裏は立ったり、歩いたりする際に体の重心や位置関係をセンサーとして全身に情報を送っています。

また、首・骨盤・手首、・足首は全身のバランスをとるセンサーとして働いているので、外反母趾を改善するためには全身のバランスも調整する必要があるのです。

 

自宅でのセルフケア

全身のバランス調整だけでは足の筋力低下は改善されないために自宅でのテニスボールを使った簡単で効果的なエクササイズを行っていただきます。

テニスボールを使う事で、楽しく効率的に足の筋力や足裏のセンサーを鍛えると外反母趾の再発も予防できます。

 

外反母趾を改善するサポーター

外反母趾を改善する為にテーピングをされる事が多いのですが、当院では超薄型のサポーターをお勧めしています。

テーピングもサポーターもそれぞれメリットとデメリットがあります。

テーピングのメリットとデメリット

テーピングのメリット

  • 足の変形に合わせて微調整できる
  • 密着性がある

テーピングのデメリット

  • かぶれる可能性がある
  • お風呂に入ると濡れる
  • 自分でテーピングするのは難しい
  • 剥がれてきたら貼ってもらいに行かないといけない

一般的なサポーターのメリットとデメリット

一般的なサポーターのメリット

  • お風呂に入るときなど付け外しができる
  • 自分で装着できる
  • かぶれは少ない

一般的なサポーターのデメリット

  • 一般的な外反母趾用のサポーターは大きくて靴が履きにくい
  • その方に最適な矯正が難しい

そこで、当院では超薄型の外反母趾用のサポーターをお勧めしています。

施術歴30年の院長が知りえる中で、ここまで薄型で耐久性もありサイズが3種類ありその方の外反母趾の矯正ができる外反母趾用のサポーターは他にありません。

  • 超薄型なのでパンプスも楽に履ける
  • 装着がご自身で楽に出来る
  • 肌色で目立ちにくい
  • 的確に外反母趾を優しく矯正する
  • かぶれにくい

1:施術歴31年 国家資格の院長が必ず施術するから

国家資格取得(柔道整復師・鍼灸師)施術歴31年の院長が、必ず施術しますのでので安心して施術を受けていただけます。

2:地域最多の「喜びの声」をいただいているから

令和4年10月 現在

Google口コミ 231名

手書きの「喜びの声」 218

口コミサイト「エキテン」 321の名

口コミサイト「ヘルモア」 59名

合計 829名の方々から、地域で最多の口コミを頂いております。

3:医師推薦の安全な技術だから

当院の整体技術(疲労回復整体)は、整形外科医師から推薦をいただいています。

 

4:改善のために適切な通院計画を提案するから

丁寧な問診&検査を行い、適切な通院計画を提案いたします。

通院の強要などや、回数券の販売はありませんのでご安心ください。

5:全国の治療家から信頼の推薦があるから

詳しくは「全国の治療院・整体院の先生からの推薦」をご覧ください

LINEでお問い合わせはこちらから 24時間受付中

当院では万全のコロナ対策を行っています

新型コロナ感染予防 13項目を見る▶

アクセス 受付時間 

アクセス 地図

外反母趾(足親趾の痛み)に関する関連記事