そもそも「足関節捻挫」とは

そもそも足関節捻挫とは

足関節捻挫は、足首の関節を支えている靭帯が過度な外力によって損傷した状態です。

また、レントゲン検査などで「骨折」や「脱臼」をしていない骨の異常がない疾患です。

「骨折」や「脱臼」などと比べると大したことはないと軽く考えがちですが、靭帯や腱の損傷があり、ひどい時には靭帯断裂を起こすケースもあります。

足関節捻挫は、スポーツや日常生活中の歩行時や階段、段差などで足関節を過度に内側又は外側にひねることで発生ます。

多くの場合、足関節を内側に捻って受傷するため外くるぶしの前に位置する前距腓靭帯損傷がが多く外くるぶし周辺の腫れや押さえると痛みがあります。

足関節捻挫の症状

足関節捻挫の症状としては

  • 腫脹(腫れ)
  • 内出血
  • 自発痛(動かさなくてもズキズキ痛む)
  • 歩行困難

が症状として起こります。

足関節捻挫の種類

足関節捻挫の症状のレベルは大きくⅠ〜Ⅲ度の3つに分けられます。

  • 1度損傷:靭帯が伸びる程度
  • 2度損傷:靭帯の一部が切れる程度
  • 3度損傷:靭帯が完全に切れている状態

1度・2度損傷では保存的治療で予後は良好。

3損傷度で不安定性の強いものには、稀に手術をおこなうこともあります。

足関節捻挫の一般的な原因

足関節捻挫の原因としては

  • スポーツ活動中(ジャンプの着地)
  • 日常生活中(階段・段差)
  • 正座から立ち上がる時足がしびれて

等があります。

足首の捻挫は剥離骨折を伴うこともありまりますので足首の周りを優しく振れてもビクッ!と身を引いてしまうような痛みがあるれば整形外科でレントゲン検査をお勧めします。

病院やよくある接骨院での一般的な対処法

一般的な病院や接骨院で行われる対処法は

  • 安静・包帯ギプス固定
  • シップや痛み止め薬
  • アイシング・電気治療

などがあります。

病院ではシップや痛み止めの薬が処方され、場合によってはサポーターやギプス固定する事もあります。

おおむね1〜2週間程度サポーターやギプスで固定にして安静にし腫れや痛みが治まってきたら電気治療やリハビリで足関節の動きを回復させていきます。

 

などが処方されることが多いです。

このような対処法では改善していくケースもありますが、思うように改善していかない場合も多くあります。

 

当院での「足首の捻挫」のアプローチ方法

まずは捻った足首周りの炎症や組織を早期に回復させるために、オリンピック選手もしようしている微弱電流療法(細胞レベルから痛んだ細胞の修復ができる機器)で積極的に患部の回復を促進します。

急性期の足首の捻挫は固定や痛み止め薬では靭帯の損傷は時間と共に修復されますが、足首の微細な関節のひずみが捻挫の際におこっているために、この足首関節のひずみを調整する必要があるのです。特に足首の距骨の調整が大切と考えています。

また、3週間以上足首の捻挫が治らない場合は、足首を捻った事により骨盤や首にまで体のアンバランスが発生するので体全体のバランスを整える必要があります。

慢性的な足首の不調から腰・肩・首などにも症状が出てくるケースが多くあります。