オスグッドって成長痛なの?

オスグッド・シュラッター病は小学校高学年から中学生に多くスポーツを頑張っている子供に多く、サッカーやバスケット、バレーボール、野球などの、ジャンプやランニングを頻繁に繰り返す選手がなりやすい膝下のすねの痛みです。
俗に成長痛といわれるのですが、実はオスグッド・シュラッター病の可能性があります。
オスグッド・シュラッター病の名前の由来は、

同時期にオスグッド先生とシュラッター先生がこの痛みの理論を発表したので、

お二人のドクターの名前をとってオスグッド・シュラッター病といわれています。

 

命にかかわる病気ではないのですが、ご本人にとっては、思うようにスポーツができなかったりして大変つらい状態です。

 

痛む場所は、膝のお皿の下のすねの出っ張った所が押さえたり、何かに当たったりしてもかなり痛いですし、膝を曲げる、走る、ジャンプなど走り終わってからも痛むこともあります。ひどくなると、歩くだけでも痛いこともあります。

原因としては、太ももの前の筋肉が硬いことが原因です。太ももの前の筋肉が硬くなって伸び縮みしにくくなることにより、膝下のすねの軟骨を引っ張って炎症や酷くなると変形や軟骨が剥がれてきます。

 

当院で、お伝えする自宅セルフケアをしっかり行っていただければ、再発することはほとんどありません。

悩んでいないで、今すぐ予約またはご相談のお電話をして下さい。

お問い合わせご相談まずはお電話でご相談ください!

LINEでお問い合わせはこちらから 24時間受付中

受付時間 院の場所を確認する