「慢性腰痛」と「ぎっくり腰」の違いとは?

みなさん、こんにちは!
しゅはら鍼灸整骨院   辻 陽平です。

「慢性腰痛」と「ぎっくり腰」の違いってご存知でしょうか?

一般的な腰痛は「慢性腰痛症」

慢性腰痛とは、腰にかかっている負担が徐々に腰の痛みとなって現れることです。

具体的に「いつ」「どこで」「何をしている時に」痛くなったということが言いづらいことが多くあります。

痛みも思わずうずくまるような激痛が走るというよりは、常に鈍く痛んだり、特定の体勢を取ると痛みが出たり、といった症状が主です。

ぎっくり腰は、「急性腰痛症」

ぎっくり腰は「急性腰痛症」と呼ばれ、明確に痛くなったタイミングが存在します。

その本当の原因は、身体の疲労や寝不足、食生活の乱れ、ストレスの積み重ねで身体にゆがみが発生しているのですが、日常生活に支障があるような痛みがあるわけではありません。

あるタイミングで突然、腰に強い痛みが現れるのが、ぎっくり腰「急性腰痛症」です。

ご自身としては何の兆候もなく突然おこるように感じますが、元々身体の疲労や寝不足、食生活の乱れ、ストレスの積み重ねで身体にゆがみがあり、普段より腰がだるい重いなどの軽い症状があったケースが多くあります。

 

「急性腰痛症」と「慢性腰痛症」の一番の顕著な違いは、その治療方法にあります。

ぎっくり腰「急性腰痛症」では炎症を抑えるため、部分的に傷ついた筋肉や筋膜を治療をすると良くなっていきます。

しかし、「慢性腰痛症」は腰だけの部分的な施術だけではうまくいきません。

なぜなら「慢性腰痛症」は、腰だけでなく首や足首のゆがみなどの身体の様々な場所が絡み合ってることががほとんどだからです。

当院では、痛みを早期に取り除くために、独自の検査法と治療技術を用いて治療を進めていきます。

一人で悩まずに、まずはお気軽にお問い合わせください。

きっとお力になれると思います。

辻 陽平(つじ ようへい)

京都府亀岡市の整体・整骨院「しゅはら鍼灸整骨院」副院長 柔道整復師

「よくなったらしたいこと」を実現するため日々施術にあたる一方で、1人でも多くの人を救いたいとの思いから、月に2回セミナーに参加し1人でも多くの方を救う為努力を重ねている現役の治療家

平成元年1月23日生 京都府亀岡市出身

血液型A型 巳年
詳しいプロフィールはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

しゅはら鍼灸整骨院

大丈夫!私におまかせください

0771-25-8587

0771-25-8587
お問い合わせはコチラ
受付時間
8:30~12:00 16:00~19:30
定休日
土曜午後・木・日・祝休診 

〒621-0043京都府亀岡市千代川町小林西芝92-11  駐車場9台あり